女性

いぼの手術前に知っておくべきこと【時間経過と共に修復されていく】

三つの中から選ぼう

顔を触る人

下調べも大切

いぼは首や顔などに出来ることが多いため、人目が気になるとお悩みの方も多いことでしょう。段々と増えてきたり、目立って来たりするようであれば、美容外科での除去を検討してみることをおすすめします。美容外科であれば、いくつかの選択肢から自分に合った方法を選ぶことができるからです。一つ目の選択肢として、炭酸ガスを始めとするレーザー治療が挙げられます。気になる部位にレーザーを照射し取り除くこの方法は、主に一センチ未満のいぼに適用されます。施術後は皮膚に赤みが出たりへこみが生じたりしますが、その殆どは時間経過と共に修復されていくので心配する必要はありません。二つ目は所謂外科的な手術に相当する切縫法と言われる方法です。この手法ではメスで切り取った後縫合することによりいぼを取り除きます。抜糸までは平均一週間程度かかります。ほとんどのケースで、いぼの大きさを問わず一度の手術で取りきることが可能です。ただし数が多い場合には数度に分けて行うこともあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。さらにこの方法は広範囲に亘って切除する場合でも縫合はしわに沿うように行うため、施術後の傷跡が細くて目立ちにくいという利点もあります。三つ目は高周波メスを使って除去する方法です。こちらも手術に分類されるため麻酔が必要となりますが、前述した切縫法と同様に施術回数が少なくて済むという利点があります。施術後、皮膚が乾燥するまではテープ等で該当部位を保護しておくのが一般的です。切縫法とは異なり、抜糸の必要はありません。施術にかかる費用は各クリニックによって異なります。得意分野や主としている方法にも差がありますので、実際に足を運ぶ前にクリニックのホームページ等で十分に下調べを行うようにしてください。中には実際の症例が写真つきで掲載されているところもあります。自分のいぼに似たものがあれば、方法やクリニックの選択に活用すると良いでしょう。施術を受けた方の口コミを参考にするというのも一つの手です。多くの美容外科では予約制を導入しています。電話もしくはインターネットから申し込めるところがほとんどになっているので、いずれかの方法で予約を入れましょう。症状に適した施術を行うためにも事前のカウンセリングは欠かせません。疑問や不安を解決した上で施術に臨めるよう、時間に余裕のある日に初診予約を入れることをおすすめします。来院時には自分のいぼの状態にどの治療が適しているか、費用はどの程度かかるのかを確認しておくことも大切です。敏感肌であったりアレルギーがあったりする方は、その旨も伝えておくと安心して治療が受けられます。いずれの方法もいぼを除去した後にはダウンタイムが発生します。その間は周辺部位には化粧をしてはいけなかったり、創傷保護材を貼ったままにしておかなくてはならなかったりします。どの程度の期間どういったことを注意すべきかは選んだ方法によって変わってきます。手術後のトラブルを防ぐために、必ず事前に確認しておくようにしてください。手術後の来院回数や頻度、いぼを全て取りきるまでの目安等も聞いておくと不安なく治療に臨めます。自分に合った方法を選択し、きれいな肌を手に入れましょう。